薄毛予防育毛剤【M1】薄毛・ハゲの原因〜皮脂の出すぎ・整髪料・シャンプー・コレステロール

薄毛予防育毛剤【M1】薄毛・ハゲの原因〜皮脂の出すぎ・整髪料・シャンプー・コレステロール

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

 

 

▼薄毛・ハゲの原因

 

 

1 頭皮の汚れ(毛母細胞の呼吸困難)

 

2 シャンプーが強すぎる

 

3 頭皮の毛細血管の血行障害

 

 

ひとつづつ見ていきましょう

 

 

 

▼1 頭皮の汚れが、薄毛・ハゲの原因

 

 

頭皮が汚れると、毛母細胞が呼吸できなくなり、髪が生えてこなくなります。

 

頭皮が汚れる原因は下記の通り↓

 

 

・皮脂の出すぎ

 

・空気中のチリ・ホコリ

 

・整髪料

 

 

▼皮脂は頭皮を守ってくれるが、出すぎると、毛母細胞は息ができなくなり、抜け毛が増える。

 

皮脂膜は、空気に触れて酸化すると、頭皮を保護する機能を失い、汚れとなるからです。

 

 

 

特に、男性ホルモンが多いと、皮脂がたくさん出るので、
育毛という観点からは、男性ホルモンが出すぎないような生活習慣にすると良いでしょう。

 

 

特に、「寝不足」は、男性ホルモン優位、皮脂がたくさん出るので、
育毛をするなら、睡眠はたっぷりとりましょう。

 

 

 

▼また、空気中のチリ・ホコリが頭皮に付着すると、
頭皮は呼吸困難になり、薄毛・ハゲになります。

 

 

特に、整髪料を髪につけている場合、
空気中のチリ・ホコリが、頭皮にくっつきやすくなってしまいます!

 

 

なので、ジェル・ムース・スプレー・ワックスを使う時は、

 

「頭皮につけない!」
「夜は、髪を洗ってから寝る!」
「良いシャンプーを使う!」

 

 

これを心がけると良いでしょう。

 

 

 

▼2 シャンプーが強すぎる

 

 

最近の市販のシャンプーは、洗浄力が強すぎです^^;

 

現代人は、昔より髪をちゃんと洗っているのに、なぜハゲが増えるのか?

 

その原因のひとつが、「洗浄力の強すぎるシャンプーを使うから」です。

 

 

洗浄力の強すぎるシャンプーは、皮脂を全部、洗い流してしまう。

 

そうすると、頭皮は皮脂が足りないと判断して、皮脂を猛スピードで分泌します。

 

 

つまり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、油ギッシュな頭皮になって、ハゲるのです。

 

 

近年、女性のハゲが増えたのも、洗浄力の強すぎるシャンプーの影響です。

 

シャンプーには気をつかって選びましょう。

 

 

 

▼3 頭皮の毛細血管の血行障害

 

 

ハゲないためには、頭皮の毛細血管から、栄養と酸素が、しっかりと運ばれてこなければならない。

 

ほとんどのハゲの原因は、

 

「毛細血管からの栄養と酸素が届いていない」からです。

 

 

なぜ届かないのか?

 

 

・血中コレステロール値が高い

 

・ストレスで血管が縮んでいる

 

 

 

▼たとえば、円形脱毛症など、急性脱毛症は、
強烈なストレスが原因で、頭皮の毛細血管が閉じて、
髪に栄養が届かないことが、脱毛になっています。

 

 

なので、円形脱毛症は、ストレスを取り除けば、すぐ髪が生えてきます。

 

 

が、通常のハゲは、生活習慣が複雑に絡んでいるので、
ソッコーで治すことが難しいです。

 

 

ですが、正しい知識と、正しいシャンプー、正しい育毛剤を使えば、
必ず髪は生えてきます。

 

 

あきらめずに、がんばっていきましょう^^

 

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて

【私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて】

薄毛・ハゲを改善するには、生活習慣の改善と併せて、 「育毛剤」を使うことが必須です。

私が使っている育毛剤のオススメは、
【リゾゲイン】』です。

その他、ハゲ・薄毛改善に効果的な育毛剤・シャンプーのランキングは、こちら
  ↓
ハゲ・薄毛を短期間で改善する育毛剤とシャンプーランキング