薄毛対策育毛剤【M1】ハゲを治す方法〜ハゲは遺伝?ハゲないシャンプーの仕方。育毛剤

薄毛対策育毛剤【M1】ハゲを治す方法〜ハゲは遺伝?ハゲないシャンプーの仕方。育毛剤

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

 

 

難しいことを考えずとも、生活習慣を正せば、ハゲは治ります。

 

 

薄毛・ハゲを改善するには、やってはならないことを、やらないようにすればよい。

 

そのために、まず禁止事項を挙げてみます。

 

 

 

▼ハゲ改善のために、「やってはならないこと」

 

 

・頭皮をトントン叩かない

 

・睡眠不足にならないこと

 

・洗浄力の強いシャンプーを使わない

 

・スーッと清涼感の強い育毛剤を使わない

 

・洗髪をサボらないこと(毎日、洗髪すること&シャンプーをしっかりすすぐこと!)

 

・なるべく整髪料をつけないこと
 (整髪料は、髪だけにつけたつもりでも、時間がたつと流れ落ちて、頭皮についてしまう)

 

・殺菌効果のあるシャンプーを使わない

 

 

 

▼ハゲは遺伝しない

 

 

人間のDNA(遺伝子情報)は、約4万。

 

その中で、「遺伝」と呼ばれるDNAは、ほんのわずかです。

 

 

髪の毛の遺伝に関しては、遺伝するのは
髪の色、髪の太さ、くせ毛、皮脂分泌量
これくらいであり、ハゲるDNAというものは存在しません。

 

 

 

▼頭皮の毛母細胞がなくなることはなく、皮下で新しい髪の毛は、必ず作られています。

 

何歳になっても、新しい髪の毛は作られています。

 

生えてこないのは、頭皮の状態が悪すぎて、新しい髪が出てこられないだけです。

 

 

だから、ハゲは必ず治ります。

 

頭皮ケアの知識さえあれば、必ず髪の毛は生えてきます。

 

 

 

▼ハゲが治るシャンプーの仕方

 

 

1 髪と頭皮を温水で濡らしつつ、ホコリを流す

 

2 シャンプーは手の平にとり、髪になじませる

 

3 指の腹で、頭皮をもみ洗いする(爪を立てるのは厳禁!)

 

 

 

まず、髪の毛を濡らしてから、シャンプーをつけます。

 

乾いた髪に、いきなりシャンプーをつけると、髪にダメージが残り、
枝毛・切れ毛・薄毛の原因にもなるので注意です。

 

 

 

頭皮を指の腹で、丁寧にもみ洗いすれば、
髪の毛は自然とキレイになるので、頭皮だけしっかり洗えばOKです。

 

 

というか、髪の毛をこすり合わせたりして、洗ってしまうと、
髪の表面のキューティクルがはがれて、枝毛・切れ毛・薄毛になるので、
頭皮だけを洗いましょう。

 

 

尚、シャンプーを頭につけたら、あまり長時間、洗うべきではない。

 

長時間シャンプーをつけたままにしておくと、頭皮にダメージが残り、
逆に薄毛・ハゲの原因になる。

 

 

 

そして、最後が最も重要。

 

「しっかりシャンプーをすすぐ!」

 

シャンプーが頭皮に残っていると、薄毛・ハゲになるリスクが一気にアップしてしまいます!

 

 

洗うことよりも、すすぐことの方が重要なのです。

 

シャンプーのすすぎ不足は、フケ・枝毛・切れ毛を誘発し、薄毛になります。

 

 

 

▼ちなみに、シャンプーの後に、「コンディショナー」をつかえば、
髪がサラサラになり、健康な髪に育ちやすくなります。

 

 

育毛の観点からは、コンディショナーは使ったほうが良いですが、
私は、そこまでやらなくても、薄毛・ハゲは改善できると思っています。

 

 

 

当サイトで紹介している、基本的な薄毛・ハゲの知識を、
毎日、コツコツと習慣にしていけば、面倒なコンディショナーまで使わずとも、
薄毛・ハゲを治すことができます。

 

 

たった1〜2ヶ月でもいいので、当サイトに記載した、生活習慣や
シャンプー・育毛剤を試してみてください。

 

必ず効果が出ます。

 

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて

【私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて】

薄毛・ハゲを改善するには、生活習慣の改善と併せて、 「育毛剤」を使うことが必須です。

私が使っている育毛剤のオススメは、
【リゾゲイン】』です。

その他、ハゲ・薄毛改善に効果的な育毛剤・シャンプーのランキングは、こちら
  ↓
ハゲ・薄毛を短期間で改善する育毛剤とシャンプーランキング