頭皮のベタつきを改善する育毛剤【M1】肉を食べるとハゲる。低体温だとハゲる。冷え性改善 髪が生える

頭皮のベタつきを改善する育毛剤【M1】肉を食べるとハゲる。低体温だとハゲる。冷え性改善 髪が生える

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

 

 

▼交感神経が優位になる悪しき条件

 

 

交感神経が優位になると、顆粒球さんが出動して、
活性酸素をばらまき、ハゲる。そして、病気になる。

 

 

では、何をやったら交感神経が優位になってしまうのか?

 

 

まず「ストレス」

 

ストレスがかかり続けると、心が壊れないように、
カリカリさせて戦闘モードに切り替え、交感神経が優位になります。

 

 

まったりした状態でストレスを受けると、心にダメージを負うからですね。

 

 

これ自体は、体の正常な反応なんですが、
このストレス状態が、ずーっと続くと、交感神経状態がずーっと続いてしまいます。

 

 

活性酸素が増え続けてしまう。

 

そうすると、活性酸素が頭皮の毛母細胞にダメージを与え、ハゲます。

 

ストレスの解消は、髪にとって重要なのです。

 

 

 

▼肉食・甘いもの・レトルト食品も、交感神経優位になってしまう

 

 

ここまで説明したように、交感神経優位だとハゲます。

 

「寝不足」
「夜更かし」
「ストレス」

 

 

これらが主な原因ですが、食生活も大きな影響を与えます。

 

 

つまり、肉食・甘いもの・レトルト食品ばっかり食べてると
交感神経優位になって、ハゲます。

 

 

 

特に、「肉ばっかり食べてる人」

 

・・・ハゲます。

 

 

まず、肉食の人は、血液がドロドロになり、血行が悪くなるので、
頭皮の毛細血管まで、栄養が届かなくなります!

 

 

そのため、髪まで栄養が行き渡らず、ハゲます。

 

 

 

また、肉ばっかり食べてると、筋肉がつき、攻撃的な性格になります。

 

ボクサーとか、格闘家なら必要ですが、
我々、一般人は、攻撃的な性格になってはダメです。

 

 

肉ばっかり食べてると、交感神経が優位になり、カリカリ、イライラします。

 

戦闘モード突入です。

 

 

顆粒球さんの大群が登場し、活性酸素をまき散らし、頭皮にダメージを与えます!!

 

 

カップ麺、コンビニ弁当、甘いものも、同じです。

 

育毛を望むなら、野菜やヘルシーな和食を食べましょう^^

 

 

 

▼低体温だと薄毛・ハゲになる

 

 

交感神経優位だと、「体温が下がります」

 

副交感神経優位だと、「体温が上がります」

 

 

健康のために、どちらが良いかは明白ですね^^

 

 

交感神経優位だと、血管を収縮させるので、
血行が悪くなり、体温が下がるんですね。

 

 

そして、ハゲの人は、低体温が多いという事実。。。

 

 

 

血行が悪いと、頭皮の毛細血管から栄養が届かなくなるので、
髪が育たなくなるんですね。

 

これは当然のことです。

 

 

 

▼つまり、交感神経優位だと、活性酸素のダメージでハゲる。

 

そして、低体温でハゲる。

 

 

交感神経優位は、薄毛・ハゲをどんどん進めてしまうのです。

 

 

 

まあ、交感神経は、「エネルギー」とか「パワー」とか、「出世欲」とか
「野心」とか、そういう男らしさにつながるというメリットはありますけどね。

 

 

でも、ハゲと野心と、どっちが大切ですか?っていう話でしょうね^^

 

 

髪の毛が大切な人は、穏やかな心で暮らし、
副交感神経を優位にして、フッサフサの髪で生きていけるでしょう。

 

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて

【私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて】

薄毛・ハゲを改善するには、生活習慣の改善と併せて、 「育毛剤」を使うことが必須です。

私が使っている育毛剤のオススメは、
【リゾゲイン】』です。

その他、ハゲ・薄毛改善に効果的な育毛剤・シャンプーのランキングは、こちら
  ↓
ハゲ・薄毛を短期間で改善する育毛剤とシャンプーランキング