育毛剤の使い方。男性の薄毛と女性の薄毛の違い。ブラッシングの育毛効果。

育毛剤の使い方。男性の薄毛と女性の薄毛の違い。ブラッシングの育毛効果。

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

 

 

▼育毛剤をふりかけるだけでは発毛しない

 

 

育毛剤というのは、かければ髪が生える魔法の薬ではありません^^;

 

もし、そのようなマジックを謳っている育毛剤であるならば、使わない方がいいでしょう。

 

 

育毛剤とは、頭皮に栄養を与えるための、栄養剤的なものです。

 

頭皮の「点滴」のような感じですね。

 

 

本来、頭皮への栄養は自分の毛細血管から届けます。

 

でも、血液がドロドロだったり、冷え性で血行が悪いと、
毛細血管から頭皮まで、栄養が届かないんですね。

 

 

頭皮に栄養が届かないと、髪は育ちません。当たり前ですね。

 

 

そこで、頭皮に栄養を与えるために作られたのが、「育毛剤」なわけです。

 

ですから、育毛剤に「栄養」以外のマジックを期待しちゃダメってことですね。

 

 

育毛剤を使う以前の問題として、

 

 

・髪は毎日シャンプーする

 

・シャンプーはしっかりすすぐ

 

・睡眠をしっかりとる

 

・脂質を摂り過ぎない

 

・洗浄力の強いシャンプーは使わない

 

 

このような基本を守った上で、効果の高い育毛剤を使えば、
薄毛が解消する可能性は、かなり高くなります。

 

 

「育毛剤をふりかけたからOK!」とか言って、不摂生を続ければ
どんなに良い育毛剤を使っても、ハゲますので注意です。

 

 

 

▼ブラッシングの育毛効果

 

 

最近はブラッシングという言葉はあまり聞かなくなりました。

 

これは、現代人はブラッシングではなく、シャンプーを頻繁にするようになったからですね。

 

 

昔の人は、頻繁にシャンプーできなかったので、
髪についたホコリやゴミやフケを、ブラッシングで落としていました。

 

 

 

ブラッシングには、汚れを落とす以外にも、
頭皮を刺激して血行を良くしたり、
皮脂の分泌を促進して、髪を皮脂でコーティングする効果があります。

 

 

適度なブラッシングは、育毛に効果的と言えますね。

 

ただ、頭皮をトントン叩いたり、強くブラッシングするのは逆効果です!

 

頭皮にダメージを与えないように、優しくブラッシングしましょう^^

 

 

尚、髪が濡れた状態でブラッシングすると、
切れ毛・枝毛の原因になるので、ブラッシングは髪が乾いている時にしましょう。

 

 

 

▼男性の薄毛と、女性の薄毛の違い

 

 

同じ薄毛でも、男女で違いがあります。

 

まず男性型の薄毛は、男性ホルモン「テストステロン」の影響を受けています。

 

 

テストステロンは、毛髪を生み出す「毛母細胞」を攻撃してしまうんですね^^;

 

男らしく、攻撃的な性格の男性にハゲが多いのは、テストステロンの影響です。

 

あと、スケベはハゲる、などと言われるのも、テストステロンが多いからですね。

 

男性型の薄毛は、頭頂部と前頭部からハゲていきます。

 

 

 

女性型の薄毛は、女性ホルモン「エストロゲン」の影響を受けます。

 

男性型のように、前頭部や頭頂部ではなく、全体的に髪が少なくなります。

 

髪のボリュームがなくなるんですね。

 

 

 

男性型にしろ、女性型にしろ、薄毛の原因は同じなので、
基本的な知識を頭に入れて、正しいシャンプーと育毛剤を使えば、
薄毛を改善することは、難しくありません。

 

 

当サイトの記事なども参考にしてください。

 

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて

【私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて】

薄毛・ハゲを改善するには、生活習慣の改善と併せて、 「育毛剤」を使うことが必須です。

私が使っている育毛剤のオススメは、
【リゾゲイン】』です。

その他、ハゲ・薄毛改善に効果的な育毛剤・シャンプーのランキングは、こちら
  ↓
ハゲ・薄毛を短期間で改善する育毛剤とシャンプーランキング