ハゲが治る薬【M1育毛剤】カツラはハゲる。ムレが原因。パーマ、ヘアトニック、整髪料の危険性。育毛

ハゲが治る薬【M1育毛剤】カツラはハゲる。ムレが原因。パーマ、ヘアトニック、整髪料の危険性。育毛

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

 

 

▼正しい育毛をあきらめた人の手段、その2 『かつら』

 

 

手っ取り早くハゲを隠す手段として、植毛より人気なのが、カツラ・ウィッグ。

 

ただ、カツラには致命的なデメリットがあります。

 

それが「通気性が悪い」こと。

 

 

あれだけムレてしまうと、ハゲじゃない人でもハゲます^^;

 

 

カツラの素材と技術は格段に進化し、現在では地毛と見分けがつかないものもあります。

 

が、やはりあの「ムレ」は、危険です。

 

カツラは頭皮とぴったり密着するので、汗腺をふさいで、
頭皮は皮膚呼吸ができなくなってしまいます。

 

 

また、カツラは汗や皮脂で、メチャクチャ汚いので、
細菌が繁殖します^^;

 

 

カツラの内部は、汚くて、温かくて、湿気がある・・・。
恐ろしく菌が繁殖しやすい環境ですね。。。

 

 

酔っ払って、カツラの中に手を突っ込んで、掻いている人がいますが、
あれだけムレて、炎症してしまうと、かなり痒いのですね。

 

 

そんな頭皮環境では、当然に抜け毛は進行します。

 

 

薄毛→カツラかぶる→さらにハゲる

 

 

恐怖の悪循環サイクルの完成です。

 

 

 

いろんな事情はあるかと思いますが、
なるべくなら、カツラに逃げるのはやめて、正しい生活習慣で、
王道の育毛によって、ハゲを治していきましょう。

 

 

 

▼染毛剤・カラーリング・パーマも危険

 

 

髪を染めるときの染毛剤は、頭皮や毛根にダメージを与えます。

 

染毛剤が毛根や毛乳頭についてしまうと、
毛乳頭が変形し、健康な髪が生えてこなくなります。

 

 

なるべくなら、髪は染めないほうがいいでしょう。

 

 

また、パーマ液も頭皮につくことは避けられず、ハゲの原因になっています。

 

 

 

▼フケ・かゆみを抑えるリキッドやトニックは、薄毛の原因

 

 

使うと頭皮がスッキリ爽快!フケ・かゆみもなくなる(ような気がする)ヘアトニック。

 

実は、ヘアトニックの主成分は、アルコールと水と香料であり、
アルコールは揮発性物質だから、頭皮がスーッとするんですが、
このアルコールは、髪と頭皮の細胞を破壊します。

 

 

髪の毛や皮膚は、タンパク質でできていますが、
アルコールはタンパク質を分解してしまうのです。

 

 

 

▼整髪料(ジェル・ムース・ワックス)も薄毛の原因

 

 

ヘアトニックと同じように、整髪料も、アルコールなので、
髪と頭皮の細胞を破壊します。

 

 

整髪料を使う時は、なるべく頭皮につかないように使うこと。
そして、夜は必ず、髪を洗ってから寝ることが重要です。

 

 

整髪料をつけっぱなしで、コンビニ弁当を食べて、深夜まで残業し、
家についたら、シャンプーもせずにバタンキュー。
これでは、禿げないほうがおかしいですね。

 

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて

【私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて】

薄毛・ハゲを改善するには、生活習慣の改善と併せて、 「育毛剤」を使うことが必須です。

私が使っている育毛剤のオススメは、
【リゾゲイン】』です。

その他、ハゲ・薄毛改善に効果的な育毛剤・シャンプーのランキングは、こちら
  ↓
ハゲ・薄毛を短期間で改善する育毛剤とシャンプーランキング