頭頂部の薄毛改善育毛剤【M1】若ハゲの原因。薄毛の治し方。育毛剤の選び方

頭頂部の薄毛改善育毛剤【M1】若ハゲの原因。薄毛の治し方。育毛剤の選び方

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

 

 

▼薄毛・ハゲは一時的な現象にすぎない

 

 

一度ハゲたらもう終わり、というような感覚をもっている人が多いですね。

 

たしかに、薄毛になるというのは、原因があってそうなるわけで、
その原因をそのままにしておけば、ハゲのままでしょう。

 

 

ですが、ハゲの原因を取り除いてやれば、また髪の毛が生えてきます。

 

薄毛というのは一時的な現象であり、リカバリー可能です。

 

 

 

これまで解説してきた通り、髪の毛というのは

 

「頭皮の皮膚呼吸」と、「毛細血管からの栄養」があれば、何歳になっても生えてきます。

 

 

薄毛になる人というのは、この2つに問題が発生している人です。

 

髪を洗っていない人は、頭皮が汚れて皮膚呼吸ができなくなって、髪が死んでしまうし、
ストレスや偏食の人は、血流が悪くなって、やはり髪が育ちません。

 

 

ですから、毎日、正しくシャンプーして、頭皮を清潔にすればよい。

 

また、良質な育毛剤によって、髪に栄養を与えれやればよいのですね。

 

 

 

髪が薄くなったら、ちゃんとケアしてあげれば、また髪は生えてくるのです^^

 

 

 

▼上述した、「頭皮の皮膚呼吸」と、「毛細血管からの栄養」が、育毛の根幹となります。

 

毎日のシャンプーは、若い人も、お年寄りも同じようにやるべきことです。

 

そして、上記の2点のうち、加齢によって影響を受けるのは、
「毛細血管からの栄養」です。

 

 

この場合は、老化現象でもあるので、育毛剤を使えば、効果大です。

 

育毛剤というのは、機能が低下した毛細血管の代わりに、
毛根や毛母細胞に、必要な栄養を届けるのが仕事です。

 

 

ですから、単に刺激的でスーッとする育毛剤は、おすすめしません。

 

なぜなら、育毛剤の役目は、栄養を届けることであって、爽快感や刺激は関係ないからです。

 

 

市販の育毛剤で、爽快感があるものは、気持ちがいいので、
発毛効果がありそうな気になりますが、気のせいであることが多いので、ご注意を^^;

 

 

というか、刺激的な液体を、習慣的にふりかけていると、
頭皮は脳を守ろうとして、どんどん厚くなってしまいます。

 

頭皮が厚くなると、新毛が出てこられなくなるのです。

 

 

ですので、良質な育毛剤を選ぶことが、とても重要なのですね。

 

 

 

▼尚、育毛に必要な栄養は、老若男女、共通です。

 

つまり、育毛剤に

 

「女性限定」とか
「〜歳以上対象」

 

と、使用者を限定している育毛剤は、成分が特殊な場合があるので、
避けたほうがいいかもしれません。

 

 

 

▼育毛剤の役割は、「髪に栄養を与えること」

 

 

薄毛・ハゲを治す方法は、

 

「頭皮の皮膚呼吸」

 

「毛細血管からの栄養」

 

この2つを改善すればOKです。

 

 

生活習慣を改善すればいいのですが、
育毛剤を使うと効果的です。

 

 

 

育毛剤は、「毛細血管からの栄養」がスムーズに髪に届かない人に有効です。

 

本来、毛細血管から栄養を送るのを、逆に頭皮から栄養を入れていくイメージですね。

 

 

 

育毛剤は、髪と頭皮のための「栄養剤」であり、
ビタミンなどが配合された、良質な育毛剤は、薄毛の改善に効果大です。

 

 

ただ、やたらスースーしたり、清涼感が強い育毛剤は、育毛効果が薄く、
むしろ、頭皮を厚くしてしまい、余計にハゲることになるので、注意です。

 

 

 

尚、育毛剤をつけるときは、髪を洗う時と同様に、
指の腹で、血管をもみほぐすようにマッサージすると効果的です。

 

 ⇒薄毛・ハゲが治るシャンプーと、育毛剤はこちら

私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて

【私が使っているハゲを治す育毛剤とシャンプーについて】

薄毛・ハゲを改善するには、生活習慣の改善と併せて、 「育毛剤」を使うことが必須です。

私が使っている育毛剤のオススメは、
【リゾゲイン】』です。

その他、ハゲ・薄毛改善に効果的な育毛剤・シャンプーのランキングは、こちら
  ↓
ハゲ・薄毛を短期間で改善する育毛剤とシャンプーランキング